オススメできる初心者向きの資産運用商品

2014年1月からNISA制度が始まり、これから資産運用を行いたいという人は多いかもしれません。
しかし、投資の初心者が始めから個別株などのリスクの高い取引を行ってしまうと、いきなり大きな損失を招いてしまう可能性が高いです。

そのため、まず始めは初心者向きの資産運用商品から取引することが大事となってきます。
初心者向きの資産運用商品としては、まずインデックス型の投資信託やETFが挙げられます。

インデックスは代表的な株価指数のことで、インデックスと連動した金融商品は初心者でも分かりやすいという特徴があります。
代表的な株価指数というのは、テレビなどのニュースなどでいつも目にしていることから誰でも馴染みやすいのではないでしょうか。

トップページ

インデックス型であれば、現在の価格が高いか安いかの判断が付くことが出てくるため、投資の初心者向きの金融商品としてオススメできます。
また、インデックス型の投資信託などは一つの商品で多くの銘柄を保有することになり、価格変動リスクを抑えられる利点があります。

京都でロボット教室に通うならこちらの教室がおすすめです。

次に初心者向きの資産運用方法として、ミニ株といった少額の株式投資が挙げられます。
通常、株式投資を行う場合には単位株を購入することになります。
しかし、単位株では購入金額が高くなってしまうことが多いです。

資産運用の初心者においては始めから、大きな金額での投資は避けたいところです。
そこで、ミニ株という制度を活用することによって、単位株の10分の1からの取引が可能となってきます。

例えば、単位株で50万円必要だった銘柄がミニ株を活用することで、5万円からの購入ができるようになります。
個別銘柄の投資はリスクが高いですが、少額からの投資であれば初心者でも許容ができると思います。
また、ミニ株であれば、複数回に分けて投資が行える点もメリットとなってきます。

株式投資の初心者でも少しづつ投資購入を実施していくことによって、しだいに銘柄選択の方法などのテクニックが身に付いていくと考えます。